クラビット・クラミジア性病について

クラビットとはキノロン系ピリドンカルボン酸系の合成抗菌剤・抗生物質であり
わかりやすく説明すると細菌などにより原因となって引き起こす病気を撃退するお薬となっております。
キノロン系ピリドンカルボン酸系は細菌の増殖を助けるタンパク質のもととなる
カクサンの生産を阻止し、その細菌を死滅させる効果を持っていると言われています。
【クラビット】の副作用としてよく知られているので次のようなものがあります。
吐き気やおう吐 かゆみや蕁麻疹、のどの渇きや不眠になりがちなどといいさまざま
な症状が報告されています。
この薬を服用するさいまたは服用中には長時間のあいだ直射日光に当たらないようにし
服用するさいに、持病やアレルギーなどをお持ちの人は必ず医師に相談することをお勧めします。
【クラミジア】については原因菌がクラミジアトラコマチスといい
昔は結膜炎などの原因菌として問題となっており眼科関連の病気ではかなり有名な病気として
広くしられていました。
もっとも多くしられている感染症としても有名であり、国内での全体患者数は
100万人にも上るとさえ言われています。
その患者数の数からみても分かる通り、ごく少数におこる病気ではなく
いつ、どこで、どのようなきっかけにより感染するのかわからない恐ろしい病気といえるのは
間違いないでしょう。
なお、クラミジアの恐ろしい点は感染しているのに気付かずほかの人にも感染を広げていってしまうことです。
感染を防ぐにはひとりひとりがこの病気について知り、なるべく早めに検査・治療を受ける
のが必要となっております。
次ぎに【ジスロマック】についてです、この薬は性病として有名な【クラミジア】感染症を
防ぎ、治す薬です。
従来の治療方法では長い期間服用などを繰り返し治すのが主流となっており飽きや、長く続かないというのが
問題点となっておりましたがその問題点を解決したのがこのジスロマックなのです。
この薬はたった一回による服用で長く1週間もの期間の間効果継続が出来、今までの
毎日服用するといった手間が省けるのが最大の特徴ともいえます。
なお、性病感染症の治療クスリとして諜報されるのがこの薬でありその理由は手軽に安全、さらに
高い除菌効果が発揮できるといったことからなのです。
正しい服用方法、量としては成人の場合コップ1杯のお水、を一日一回2錠を3日間
続けるのがベストと言えるでしょう。
なお、食前や食後などといった特に決まりはありませんが1日飲み忘れたからと言って
2日分を服用することだけは避けるようにしましょう。