クラミジアの症状

クラミジアは原因菌がトラコマチスというもので元々目の病気の原因菌として眼科界隈では有名でした。
今では水道水などが綺麗ですので目のトラコマチスは徐々になくなっていったのですが、現在も性器には見られております。
そして、日本で一番多い性感染症として有名となってます。
症状は男女で違っており、女性ですとあまり自覚が無いとされています。
あっても、性器からにおいがするや、織物が多少多くなる、など気付かないものがほとんどとなります。
そのまま放置してしまいますと、妊娠しずらくなったり、子宮外妊娠を起こしたり、通常に妊娠できても流産しやすくなってしまいます。
妊娠した際には、病院で妊婦健診をします。
そこで初めて自分が感染していた事に気付くという方も少なくありません。
そのまま放置して出産してしまますと、出産時子供に感染してしまう恐れがあります。
妊娠時発見された場合、妊娠時でも使える治療薬を使いますので安心してください。
そして男性です。
男性の方が症状は出やすいとされています。
尿をするときに痛みを感じたり、かゆみなどがあります。
ただ他の性感染症に比べると、やはり自覚しずらいとされています。
検査をする場合ですが、女性は膣の分泌液から摂取して調べます。
男性は尿検査で検査します。
ただし、排尿前に粘液性の分泌液を確認できるとそちらの方が正確な結果を得られることができるでしょう。
クラミジアですが感染率も高く、80%近いとされています。
もし、検査して自分が感染していた場合、パートナーも感染している確率は高いです。
一緒に検査するようにしましょう。
日本で一番感染されているという性感染症、原因は自覚しにくいことと感染率の高さにあります。
放置してしまいますと、重大な疾患になるほか、HIVなどに感染しやすくなってしまいます。
通常の5倍もの確率でHIVに感染してしまいますので、放置はせず、もしかして?と感じたら早めに検査してください。
病院へ行きたくないのであれば、自宅で検査して医療機関に送るというシステムもあります。
放置することでさらに感染を拡大させてしまいますので放置だけは避けてください。
通常のセックスだけでなく、オーラルセックスでも感染します。
咽頭に感染すると、口で感染させてしまいます。
即効性のある、治療薬などもありますので早めに治療してください。