無自覚な性感染症

現在、日本国内に100万人を超える患者さんがいると言われているクラミジアとは、細菌による感染症であり、最も感染者が多い性感染症の1種となっています。
この病気の最も注意しなければならないことは、自覚症状を伴いにくいという事です。
特に女性は症状に気付きにくく、症状として不正出血になったり、おりものが増えたり、性行為時に痛みを伴うことがあります。
しかし、この症状はどれも生理前に出たり、ホルモンバランスが乱れた時、または体調不良などによって伴う症状でもあるので、症状として自覚することが難しくなっています。
結果、放置してしまうと卵管炎を起こしたり、膣の奥まで感染が拡がると不妊症や子宮外妊娠になってしまうことがあります。
また、8割の女性が無自覚であるため、気付かぬまま症状を放置して悪化させてしまったり、パートナーに感染させてしまったりすることがあります。
一方の男性の症状が尿道に菌が住み着き、痒みや痛みまたは不快感を感じたり、排尿時に膿のような分泌物が尿と一緒に排泄される場合があります。
女性に比べ症状に気付きやすいですが、それでもなかなか気付かない人もおり、また風俗店の利用などをする男性もいるので、風俗店のサービスであるオーラルセックスで感染してしまうケースがあります。
症状に気付かず悪化してしまうと、無精子症などの男性不妊の原因になることもあります。
感染の経路は、性行為であり、セックスはもちろんのことオーラスセックスやディープキスなどでも感染します。
感染には粘膜に直接接触することが条件であり、性行為がこの条件が満たす行為となっています。
原因となっている細菌はトラコマティスと呼ばれる細菌であり、大きさは0.2~0.3ミクロンほどと、とても小さい細菌となっています。
クラミジアの放置は他の性感染症の感染率を上げてしまい、エイズに感染する確率は通常の5倍に膨れ上がります。
危険な病気になることもあるので、男性も女性も定期的な検診を受けることを心がけるようにしてください。
最近では若い女性の感染が増えており、性行為の低年齢化や多様化によるものと言われています。
性行為に対して十分な知識をもって、不用意な性行為を行うことは避けるようにしましょう。